menu
閉じる
  1. 人工知能と健康診断
  2. Tポイントがついに吉野家まで
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
閉じる
  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる
  4. OSSを使ってはいけないこと
  5. 基礎代謝の不思議
  6. IT技術者の素養
  7. 人工知能と健康診断
  8. Tポイントがついに吉野家まで
  9. IT技術者のキャリアのための資格
  10. 構築手順の標準化
閉じる

Posox

Redmine による顧客管理と案件管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Redmineで顧客管理と案件管理を容易に実現できるPluginを紹介する。

プラグインは公式サイトからダウンロードできる。※Pro版もあるが、無償版でも十分に有用

このプラグインの優れているところは、顧客管理はさることながら、顧客に紐づいた案件管理が実現できることである。

通常案件は会社又は特定の担当者からの受注になる。このプラグインでは、会社からの引き合い、会社の担当者からの引き合いとステータスをそれぞれ管理できるので、より実態に即した案件管理が実現できる。

また、引き合い、受注など任意のステータスを定義し、ステータスごとの合計金額をリアルタイム表示できるので、案件状況のダッシュボードとしても利用できる。

さらに、案件状況をメール、電話、会議などの状況に応じてノートとして追記できるので、案件状態が即座に共有できることも利点の一つである。

ただし、画面を見て分かるように、本プラグインは日本語化対応されていない。

個人的に翻訳した日本語化したロケールファイルを公開する。以下の要領で日本語化ができる。

適当なフォルダで

> git clone https://github.com/menrai/redmine_plugins.git

> cp -r redmine_plugins/redmine_contacts [Redmineのホーム]/vendor/plugins/

とすることで、ローカライズファイルを上書きする。

その後、Redmineを再起動することで日本語化は完了する。

Emailからの受信連携も実現できるようなので、電話についても自動連携させることでCTIチックな動作も検証してみたい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. Tポイントがついに吉野家まで

  2. IT技術者という人生

  3. Microsoft Teams を使ってみる

  4. RedmineでERP

  5. 中小企業のユーザ管理

  6. 中小企業にとってのベンダ選定

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで

プロフィール

1

面来 周一


技術士(情報工学)

CCアーキテクト(株)

代表取締役専務


Shuichi Menrai

ピックアップ記事

  1. 最近何にでもAIという言葉が使われるようになってきました。最初はちょっとそれはどうなんだろう…
  2. 仕事をしていると、もっと中学時代・高校時代に学校で習ったことを真剣に勉強しておけばと後悔することが多…
  3. マイクロソフトは、以前Slackの買収を断念してから同様のアプリを開発すると噂になっていましたが、昨…
  4. 世の中にはオープンソースプロジェクトがこれでもかというくらい出現しています。かく言う私も自分…

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる

アーカイブ

ページ上部へ戻る