menu
閉じる
  1. 人工知能と健康診断
  2. Tポイントがついに吉野家まで
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
閉じる
  1. IT技術者の素養
  2. ソフトウェアSBCの使い道
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  4. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  5. Microsoft Teams を使ってみる
  6. OSSを使ってはいけないこと
  7. 基礎代謝の不思議
  8. 人工知能と健康診断
  9. Tポイントがついに吉野家まで
  10. IT技術者のキャリアのための資格
閉じる

Posox

RedmineでERP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Redmineというオープンソースがチケット開発の基盤として注目されている。

チケット開発と聞くとアジャイル的な印象を持つので、そういったソフトウェア開発の現場での利用が想定されるかもしれない。
従前のウォーターフォールモデルできっちりとしたWBSを作って予定通り遂行する開発に代わって突発的に発生する仕様変更や開発方針の変更、障害への対応からリポジトリ管理、Wikiを使った仕様管理、要件管理まで、一元管理できるRedmineはその基盤として有用である。

一方、中小IT企業で発生する作業のほとんどがこれと似ている。
・突発的な社内作業による定常作業の混乱
・担当者個人にのみ蓄積されるノウハウ
・各担当者の作業が見えない

どれもウォーターフォールモデルにおける問題点と似ている。

Redmineは当然チケット開発に特化した機能を持っているが、プラグインの活発な開発とローカライズの簡易性、Ruby on Railsの簡易なカスタマイズ性を考えると、これらを組み合わせて中小企業に十分たるERPが実現できるのではないかと思う。

今後Redmineを活用してどのようなデータの流れを作ることが可能か試していきたいと思う。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 中小企業にとってのベンダ選定

  2. 中小企業のユーザ管理

  3. OSSを使ってはいけないこと

  4. Redmine による顧客管理と案件管理

  5. IT技術者という人生

  6. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで

プロフィール

1

面来 周一


技術士(情報工学)

CCアーキテクト(株)

代表取締役専務


Shuichi Menrai

ピックアップ記事

  1. ITエンジニアの仕事をしていくにあたって、IT技術者の素養について考えることがありますのでとりとめも…
  2. 最近会社でセッションボーダーコントローラ(通称SBC)のソフトウェア版を評価している。普通はSBC…
  3. 最近何にでもAIという言葉が使われるようになってきました。最初はちょっとそれはどうなんだろう…
  4. 仕事をしていると、もっと中学時代・高校時代に学校で習ったことを真剣に勉強しておけばと後悔することが多…

おすすめ記事

  1. IT技術者の素養
  2. ソフトウェアSBCの使い道
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法

アーカイブ

ページ上部へ戻る