menu
閉じる
  1. Tポイントがついに吉野家まで
  2. 人工知能と健康診断
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
閉じる
  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる
  4. OSSを使ってはいけないこと
  5. 基礎代謝の不思議
  6. IT技術者の素養
  7. 人工知能と健康診断
  8. Tポイントがついに吉野家まで
  9. IT技術者のキャリアのための資格
  10. 構築手順の標準化
閉じる

Posox

JALの羽田国際枠はなぜ国が決めるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田の国際線枠をANAとJALにそれぞれ11便、5便を振り分けることが国交省から通達され、JALが反発している。

JALは公的支援を受けたからハンデを受けるべきということらしいが、なぜ国交省がそこまで決めるのかどうにも違和感がある。

もちろん、過疎地域への路線維持などのため、ある程度国が航空会社について基準と規制をかけることは理解できる。しかし、ある空港のすべての便を国が各社に分配するというのは民主主義とはほど遠い気がするのは私だけだろうか。

今回の件も、JALに対する公的資金投入に対応する額に相当する便を規制するというのであればまだ理解できるが、何便と決められてしまっては経営努力にてどうしようもない。

経営破綻後に再生を果たしたJALの努力は国からの支援だけのものでもないだろうし、その判断を国がする必要もないと思う。利用者がそのサービスを認めれば便数が増え、認められなければ便数が減るという資本主義として当たり前の考え方にはならないものだろうか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 電子書籍は安いのか

  2. リバタリアンに踊らされる世界経済

  3. TPP論議に思うこと

  4. 050で始まる電話番号

  5. マンガから得るビジネス知識

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで

プロフィール

1

面来 周一


技術士(情報工学)

CCアーキテクト(株)

代表取締役専務


Shuichi Menrai

ピックアップ記事

  1. 最近何にでもAIという言葉が使われるようになってきました。最初はちょっとそれはどうなんだろう…
  2. 仕事をしていると、もっと中学時代・高校時代に学校で習ったことを真剣に勉強しておけばと後悔することが多…
  3. マイクロソフトは、以前Slackの買収を断念してから同様のアプリを開発すると噂になっていましたが、昨…
  4. 世の中にはオープンソースプロジェクトがこれでもかというくらい出現しています。かく言う私も自分…

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる

アーカイブ

ページ上部へ戻る