menu
閉じる
  1. 人工知能と健康診断
  2. Tポイントがついに吉野家まで
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
閉じる
  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる
  4. OSSを使ってはいけないこと
  5. 基礎代謝の不思議
  6. IT技術者の素養
  7. 人工知能と健康診断
  8. Tポイントがついに吉野家まで
  9. IT技術者のキャリアのための資格
  10. 構築手順の標準化
閉じる

Posox

IT技術者という人生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IT技術者と呼ばれる人が40代となってどのようになっていたいか。この質問に答えられる人は少ないだろう。

経済産業省が定義したITSSではキャリアパスを定義しており、その定義されたキャリアパスに必要なスキルを磨くことがその近道であると定義されている。私の会社でもITSSをベースにキャリアパスを定めているが、今回はもっと単純にどうなりたいかを考えたい。

IT業界は進歩が早いこともあり、近しいところにいる40代、50代の先輩に自分の将来を重ねることが難しい。40代、50代の先輩方が20代の時とは業界のおかれている状況が違いすぎるし、自分が40代、50代になった時に現在と同じ状況とは思えないからだ。

また、いわゆる技術に精通し続けることを選んだ人とマネジメント特化することを選んだ人が異なる評価を受けるというのも将来を考えることを難しくする原因の一つである。

IT技術者の多くは初めにプログラムを作成し、その能力によりIT技術者としての評価を受ける。その後、コミュニケーション能力という得体の知れないものがあるかについて評価を受け、その後マネジメント能力というもので評価を受けることになる。

もちろん他の業界であっても、出世するごとに手仕事からマネジメント能力に評価基準が変わっていくのは当然のことである。しかし、通常マネジメントする対象は自分がかつてやっていたことである。ところがIT業界の場合は、マネジメント能力を必要とされる時にマネジメント対象は全く自分の知らないことをしているのである。

マネジメント能力をいくら学んでも自分が知らない技術で動くプロジェクトはうまく進まず、常に最新のIT技術を追い続ければ評価されない。このジレンマと戦い続けなければならない。

私の結論は、ポイントを絞ってすべてを常に取り入れることである。

プロジェクトマネージャーがすべての場面でプロジェクトを適切にマネジメントするには、メンバーのマネジメント能力にたけていてメンバーの使っている技術を理解し、使っていない最新の技術も知ってアドバイスし、コミュニケーション能力にたけ、コスト計算ができ、リスクマネジメントができ、スケジュール管理ができ、交渉術にたけ、経済に目を向けていて、政治に目を向けていて、顧客に信頼され・・・と人間業ではない。

それぞれ100点を目指していては到底たどり着かない境地である。

私が心がけるのは次の3つである。

  1. 常に広く浅い知識と経験を身に着けておくこと。
  2. その知識と経験を使って、自分のパワーをかけること、かけないことを分けること
  3. 自分のパワーをかけることに集中し、その他のことはおろそかにすること

ただ、2は判断が難しい。そういったときは、第3者の気持ちになって考えることにしている。自分がしようとしていることは誰にとってうれしいことか、誰にとって悲しいことか。第3者を顧客に置き換えれば、大抵はプロジェクトの推進にとって本質になる。

今後も技術は急速に進歩していくだろう。だから、これを極めれば将来も間違いないというものは存在しないと思う。 40代、50代になっても自分の判断能力を極限まで高め、取捨選択することができること、これを目指すのが良いのではないだろうか。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. RedmineでERP

  2. Redmine による顧客管理と案件管理

  3. OSSを使ってはいけないこと

  4. 中小企業にとってのベンダ選定

  5. Microsoft Teams を使ってみる

  6. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで

プロフィール

1

面来 周一


技術士(情報工学)

CCアーキテクト(株)

代表取締役専務


Shuichi Menrai

ピックアップ記事

  1. 最近何にでもAIという言葉が使われるようになってきました。最初はちょっとそれはどうなんだろう…
  2. 仕事をしていると、もっと中学時代・高校時代に学校で習ったことを真剣に勉強しておけばと後悔することが多…
  3. マイクロソフトは、以前Slackの買収を断念してから同様のアプリを開発すると噂になっていましたが、昨…
  4. 世の中にはオープンソースプロジェクトがこれでもかというくらい出現しています。かく言う私も自分…

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる

アーカイブ

ページ上部へ戻る