menu
閉じる
  1. 人工知能と健康診断
  2. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  3. Tポイントがついに吉野家まで
閉じる
  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる
  4. OSSを使ってはいけないこと
  5. 基礎代謝の不思議
  6. IT技術者の素養
  7. 人工知能と健康診断
  8. Tポイントがついに吉野家まで
  9. IT技術者のキャリアのための資格
  10. 構築手順の標準化
閉じる

Posox

中小企業のユーザ管理

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業で10人を超えてくると煩雑になってくるものとしてユーザ管理がある。

多くの企業が最初にたどり着く解は、ActiveDirectoryでユーザ管理を行うことだ。ある程度社員の属性情報をActiveDirectory上に管理しておけるし、各Windows端末へのログインに利用できるのでおおむね適切な管理が行える。

しかし、社内システムがいくつか増えてきた場合や、クラウドシステムが増えてきた場合はことは簡単ではない。

変わりゆく人事情報を元に各社内システムに適切な権限で適切な操作をさせるのは簡単ではないし、その運用コストは相当である。

その課題に対して、いくつかの考え方があると思う。

  1. すべてのシステムからActiveDirectory(又は類するDirectoryサービス)に認証を行う。
  2. 人事情報の登録時に各システムに同一のIDを登録する。
  3. 社外のOpenIDサービス(GoogleAppsやYahooIDなど)を利用する。
  4. 人事情報の登録時に各システムに同一のIDを登録し、パスワード変更を同期する仕組みを構築する。

1については、RedmineやMoodleなどのオープンソースをはじめとして、ActiveDirectoryに認証する機能を有しているものもあるが、クラウドサービスはもとより、外部認証機能に対応していないものも多い。また、対応していても、各サブシステムにIDが登録されるわけではないものもあり、運用による追加、変更、削除が各サブシステムに必要になることもある。

2については、パスワード変更を各サブシステムに行わなくてはならない煩雑さが利用者側に生まれる。もしくはパスワードを変更しないセキュリティリスクが生まれる。

3.については、クラウドサービスについてはSAMLが標準化されておりかなり使い勝手がよくなっているが、やはり外部システムに管理の中枢を委ねるのはリスク管理上好ましくない。

あくまで中小企業としてであるが、現状は4が理想ではないかと思う。ひとつの認証基盤へすべてのサービスが認証されるのが心地よいが、上記のように万能ではない。

4を実現できるオープンソースのソリューションにLISMがある。これは、Openldapのバックエンドとして動作するID同期ソフトであり、ActiveDirectoryへの連携はもとより、テーブルやAPIを経由してのID情報同期が実現できる。

実現に当たって構築のハードルが高いところが難点であるが、やることそのものはさほど難しいことではないので、外部から簡易化するツールを組み込むことを考えていきたい。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. RedmineでERP

  2. 中小企業にとってのベンダ選定

  3. OSSを使ってはいけないこと

  4. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法

  5. IT技術者という人生

  6. Redmine による顧客管理と案件管理

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで

プロフィール

1

面来 周一


技術士(情報工学)

CCアーキテクト(株)

代表取締役専務


Shuichi Menrai

ピックアップ記事

  1. 最近何にでもAIという言葉が使われるようになってきました。最初はちょっとそれはどうなんだろう…
  2. 仕事をしていると、もっと中学時代・高校時代に学校で習ったことを真剣に勉強しておけばと後悔することが多…
  3. マイクロソフトは、以前Slackの買収を断念してから同様のアプリを開発すると噂になっていましたが、昨…
  4. 世の中にはオープンソースプロジェクトがこれでもかというくらい出現しています。かく言う私も自分…

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる

アーカイブ

ページ上部へ戻る