menu
閉じる
  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで
閉じる
  1. IT技術者の素養
  2. ソフトウェアSBCの使い道
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  4. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  5. Microsoft Teams を使ってみる
  6. OSSを使ってはいけないこと
  7. 基礎代謝の不思議
  8. 人工知能と健康診断
  9. Tポイントがついに吉野家まで
  10. IT技術者のキャリアのための資格
閉じる

Posox

中小企業にとってのベンダ選定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中小企業のIT基盤をどのように作っていくかというのは難しい問題だ。

基本的には大きな資本を潤沢に持っていない限り、費用を第一優先で考えざるを得ない。

現状、中小企業が最も安価に高機能なIT基盤を作成するのに適しているのは
GoogleAppsであろう。
かく言う私も、つい数か月前までは、GoogleAppsで基盤を構築することに
何のためらいもなかったし、そのメリットを十分に享受してきた。
 
しかし、先日のGoogleAppsの課金方式の変更を聞いて、考えが大きく変わっている。

もちろん課金方式が変わることに関しては何の問題もないと思うし、
当然の論理である。ただ、その当たり前のことに驚いてしまった自分がいた。
驚いたことは、Googleという一企業に何故か知らず知らず絶大な信頼を
抱いていてしまったことだ。

Googleはただの一企業なのだから、たとえば次のようなことをしても自由なのである。

・GoogleAppsの実行基盤を提供するのをやめる。
・GoogleAppsのSDK互換性を無くし、以前のバージョンでは動作しない実行基盤にする。
・サポートする言語を変える。
・サポートする外部連携を変える。

どれも当たり前にありうることなのだが、GoogleAppsに基盤を移して資産を開発してしまうと、
甚大な影響を受ける。(もちろん実際はマイグレーションパスが示されるであろうが)

基盤をすべてGoogleAppsに移した中小企業にそのリスクが負えるだろうか。
そして、そのリスクをヘッジする方法は、Googleを信じることしかない。

もちろんGoogleAppsはすばらしいサービスだと思うが、そのリスクは大きすぎると思う。

私の解は現状は以下のように考えているが、また変わるかもしれない。
 HW → クラウド(IAAS)
 運用 → クラウド(IAAS)
 SW →  購入PKG + オープンソースの組み合わせ+自社ソフト資産
 自社システム → マッシュアップポータル

HW,運用はすでに多くの企業がIAASを提供していて、そのサービスはいわゆる標準化
されているので、一企業のリスクに依存しないという意味で、クラウドが最善と思う。
SWは、元に戻ってしまうが、自社システムとしてはそれらをマッシュアップ(組み合わせる)
手法を標準化できないか検討したい。 そこを企業依存しないかたちで提供できれば、
中小企業のIT基盤へのリスクを最小化できるのではないかと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. 中小企業のユーザ管理

  2. OSSを使ってはいけないこと

  3. Microsoft Teams を使ってみる

  4. Redmine による顧客管理と案件管理

  5. RedmineでERP

  6. IT技術者という人生

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで

プロフィール

1

面来 周一


技術士(情報工学)

CCアーキテクト(株)

代表取締役専務


Shuichi Menrai

ピックアップ記事

  1. ITエンジニアの仕事をしていくにあたって、IT技術者の素養について考えることがありますのでとりとめも…
  2. 最近会社でセッションボーダーコントローラ(通称SBC)のソフトウェア版を評価している。普通はSBC…
  3. 最近何にでもAIという言葉が使われるようになってきました。最初はちょっとそれはどうなんだろう…
  4. 仕事をしていると、もっと中学時代・高校時代に学校で習ったことを真剣に勉強しておけばと後悔することが多…

おすすめ記事

  1. IT技術者の素養
  2. ソフトウェアSBCの使い道
  3. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法

アーカイブ

ページ上部へ戻る