menu
閉じる
  1. Tポイントがついに吉野家まで
  2. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  3. 人工知能と健康診断
閉じる
  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる
  4. OSSを使ってはいけないこと
  5. 基礎代謝の不思議
  6. IT技術者の素養
  7. 人工知能と健康診断
  8. Tポイントがついに吉野家まで
  9. IT技術者のキャリアのための資格
  10. 構築手順の標準化
閉じる

Posox

マンガから得るビジネス知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスマンである以上、広い知識が必要である。

自分の従事している仕事と関係ないことでもどこまで広く知識として知っていて、それをあたかも当然のこととして生かせるかにその価値はかかっていると私は思う。

それにはやはり書籍を読むことが必要になってくる。ただ、書籍は読むのに3,4時間はかかってしまう。これでその時間をかけただけのパフォーマンスがあればよいのだが、ほとんどの場合、役に立つ知識は本全体の10%程度である。(もちろんそれに勝る良書はあるが。。。)

通勤途中で読んだとしても、数日に分けて一冊を読むことになるが、自分の従事する仕事や本当に興味のあると初めから分かっていることならいざ知らず、大して興味もわかず、役に立たなかったりすることに数日かけてしまったと思うと、何だか無駄な時間を費やしてしまったやに感じる。

そこで、私はそういった広い知識を得る目的の場合は積極的にマンガを読むことにしている。最近ではマーケティングであったり会計であったりに加えて、物理学やら数学やらもマンガ化されており、ポイントだけを読み取ることが可能だ。もちろん、ほとんどはありきたりのストーリで先生が生徒に教える的なものにはなるが、何より30分から1時間で読み切れてしまうというメリットが大きい。

通勤時間やちょっと空いた時間に読み切ることができるし、それで何も得られなかったとしてもさほどの落胆はないので積極的に新しい分野に興味を広げられる。

どうしても本屋で見ると安っぽい感じがして手に取りにくいが、読んでみるとなかなか内容は本格的なものが多い。書籍を目の前にするとなかなか時間を作れない人も、ビジネスマンとしてのベースを作る策の一つとして取り入れてみてはいかがだろうか。

実際に役に立ったマンガについては今後追って書いていきたいと思う。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

関連記事

  1. TPP論議に思うこと

  2. リバタリアンに踊らされる世界経済

  3. JALの羽田国際枠はなぜ国が決めるのか

  4. 電子書籍は安いのか

  5. 050で始まる電話番号

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 人工知能と健康診断
  3. Tポイントがついに吉野家まで

プロフィール

1

面来 周一


技術士(情報工学)

CCアーキテクト(株)

代表取締役専務


Shuichi Menrai

ピックアップ記事

  1. 最近何にでもAIという言葉が使われるようになってきました。最初はちょっとそれはどうなんだろう…
  2. 仕事をしていると、もっと中学時代・高校時代に学校で習ったことを真剣に勉強しておけばと後悔することが多…
  3. マイクロソフトは、以前Slackの買収を断念してから同様のアプリを開発すると噂になっていましたが、昨…
  4. 世の中にはオープンソースプロジェクトがこれでもかというくらい出現しています。かく言う私も自分…

おすすめ記事

  1. 実際に触ってみて分かる新しいAIの活用法
  2. 大人になって後悔する「中学校でもっと勉強しておけば良かった」
  3. Microsoft Teams を使ってみる

アーカイブ

ページ上部へ戻る